💫東京店💫十三夜って🤔❓❓

みなさん、こんにちは。

和風館ICHI東京店です❣️

 

夜風が涼しくなり、空気も澄んで

秋らしさを感じる季節になりましたね🍂

今回は「十三夜」についてお話したいと思います🌙

 

◆十三夜って🤔❓

日本古来からある年中行事の一つで、月がきれいな日や夜を意味します。

十三夜は、新月から数えて13日目のお月様を意味することから名付けられました。

由来は諸説ありますが、旧暦の9月13日に行うものであることから

秋の収穫のお祭りとして根付いたのではないかと言われています🌾

また、貴族の間で月を見ながら詩歌や管弦をを楽しみつつ

酒を酌むという風習が時を経て、収穫祭のようなものになっていったという説もあります💡

書物の中では、西暦919年頃に宴を行ったと表記があり、

1000年を超える歴史のある行事です📖

 

◆十三夜の月の形は満月ではない❓❓

お月見といえば中秋の名月が有名ですが、

日本では十三夜もまた美しい月であると大切にされてきました🌙

十三夜は大体、満月の8割ほどの丸さの月を愛でる行事で

「十三夜に曇りなし」と呼ばれるほど、空気が澄み、

天気も崩れにくい季節なのでとてもきれいな月を観賞できます😌

 

◆十三夜の月の別名

十五夜を「中秋の名月」や「芋名月」と呼ぶように、十三夜にも別名があります✨

【後の月(のちのつき)】

中秋の名月に次いで美しいということもあり、

十五夜の後の美しい月で「後の月」と呼ばれます

【栗名月・豆名月】

十五夜の芋名月が芋を収穫しお供えしたことから

名付けられたのと同じように栗や豆を備えて観賞したことから

「栗名月」や「芋名月」とも呼ばれます。

 

そして今年は10月11日が十三夜です

十三夜にちなんだお菓子も販売されています😍

手前:十三夜だんご

左上:栗おはぎ

右上:栗ようかん

 

月を愛でながら、季節を感じるお菓子や食材で楽しむのはいかがでしょうか☺️💓

Follow me!

振袖ご購入・レンタル、袴レンタル 店舗ご来店予約

  • 2019å¹´9月以前にアップしました記事の価格表記には、増税前(5%・8%)の税込表記のものがございますので、恐れ入りますが +消費税 表記のない商品の現在の価格につきましては、和風館ICHIまでお問い合わせくださいませ。
  • モニター個々の発色等により現物とは多少色の異なる場合があります。小紋柄は、柄の配置が異なる場合がございます。予めご了承ください。
  • ↓ポチッとクリック↓励みになりますほっとした顔ハートたち (複数ハート)
    にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
    ↑応援クリック↑ありがとうございますほっとした顔ハートたち (複数ハート)

  • 友だち追加
    ※新作商品や和風館ICHI NEWSのほか
    お買い物に使える限定クーポンを配信!!
    ID検索または、QRコードからも登録できます!
    和風館ICHI公式アカウントID:@icw1182j

お気軽にお問い合わせください。 京都
075-342-3311
京都店 営業時間 10:00-19:00 東京
03-3409-8001
東京店 営業時間 11:00-20:00

お問い合わせ