成人式の振袖に青・緑系をチョイスする前に知っておきたいコト

成人式の振袖を選ぶときに、「色」から決める方は多いです。

振袖の定番色といえば、赤のイメージが強いかと思いますが、青や緑も人気があります。

そして、一口に「青色」「緑色」といっても、その種類は沢山あります。

今回は青色・緑色の振袖を検討している方のために、コーディネートのポイントやおすすめの振袖を紹介します。

成人式に青・緑系の振袖はおすすめ

青色の振袖は知的でクールなイメージ/緑色の振袖は穏やかでフレッシュなイメージ

成人式の振袖といえば、「赤」が定番色として知られています。

しかし、今回紹介する「青」「緑」も根強い人気があり、その魅力は赤にも引けを取りません。

青や緑の寒色系は「大人」な印象を与える

青や緑の寒色系の色は落ち着いた“大人”の印象を与えます。赤やオレンジの暖色系が“元気”“活発”な印象を与えるのとは対照的です。

成人式という大人への第一歩を飾る舞台に、青色や緑色の振袖は相応しいですよね。

青色の振袖は知的でクールなイメージ

同じ寒色系でも青色と緑色では与える印象は変わります。

青色は、知的でクールな印象を与えます。成人式という晴れの舞台においても、冷静で落ち着いた着姿に映るでしょう。

また、青色は企業のイメージカラーに採用されることが多いですが、これは青色が多くの方に好まれている(好まれやすい)からだと言われています。

クールといっても、決して「冷たい」ではなく、「カッコいい」という意味合いが強いです。

ただ、着こなし方によっては冷たい印象になるので注意しましょう。着こなしのポイントについては後述します。

緑色の振袖は穏やかでフレッシュなイメージ

対して、緑色は若葉や森林といった自然のイメージから穏やかで若々しい、フレッシュな印象を与えます。フレッシュな新成人にはピッタリの色です。

緑色に対して「地味」なイメージを持っている方もいるようですが、決してそんなことはありません。緑色と一口にいっても、黄緑色から深緑色まで様々な色味があります。コーディネート次第では、いわゆる「派手」な色よりも素敵に明るい印象を与えます。

青・緑色の振袖の人気は近年高まっている

冒頭でも書きましたが、成人式の定番色といえば赤色であり、現在でも不動の人気があります。

しかし、近年は振袖の色も多様化して、定番色に人気が集中することは少なくなりました。青色や緑色も人気色の常連になっており、和風館ICHIでも様々な振袖を取り揃えています。

次章では、青色、緑色の振袖が多くの方に支持される理由からコーディネート例を紹介します。

青色の振袖を選ぶときに知っておきたいこと

まずは、いまや定番色の一つにもなっている青色について見ていきましょう。

青色の振袖が似合う人の特徴

洋服をイメージすると分かると思いますが、青色は着る人を選ぶイメージがありますよね。

そこで、青色が似合うとされている人の特徴(条件)を紹介します。
しかし、ここに該当しないからといって、決して青色の振袖を諦めた方がいいわけではありません。※コーディネートのポイントについては後述しています

あくまでも一般的な意見ですが、特徴を知った上でコーディネートに活かしましょう。

特徴① 色白

肌が色白な方は青が似合うと言われています。
色白な肌は一見、青白い印象を持たれがちですが、青を身にまとうことで、そのイメージがなくなり、血色が良く、健康的に見えるからです。

綺麗な肌を際立てせる意味でも、青は非常に有効なのです。

ただ、場合によっては肌に青色が映り、顔色が悪く見えてしまうこともあるので、選び方には注意しましょう。

特徴② 上品

あくまでも印象の話になりますが、青色自体が上品なイメージがあるので、普段から丁寧な言葉遣いを心掛けているような上品な方とは非常に良くマッチします。

上品さだけでなく、清潔感や知性も際立たせてくれるので、普段は控えめな方でもその美しさを引き出してくれる色なのです。

特徴③ 落ち着いた雰囲気がある

特徴②にも付随しますが、落ち着いた雰囲気をお持ちの方は、非常に青色が似合います。

先述しましたが、青はクールな印象を与えます。大人っぽく、そしてどこか神秘的な雰囲気を漂わせる魅力的な色なのです。

小出し:青色は選び方次第でどんな人にも似合う!!

・色白

・上品

・落ち着いた雰囲気がある

青色が似合うとされる人の特徴は上記の通りですが、色白じゃないと青色が似合わないわけではありません。

青色にも濃いネイビー系から淡い水色系とバリエーションは豊かです。そのなかで、自分に合った青色を見つけましょう。

青色振袖のおすすめコーディネート集

さわやかな印象の水色

さわやかな印象の水色

淡い水色の振袖は、透き通ったさわやかなイメージになります。写真のように、大胆な古典柄(鶴)をあしらうことで控えめな色味ながらもインパクトのある素敵なコーディネートになります。

洗練されたスタイルを作る紺色

洗練されたスタイルを作る紺色

青色のなかでも、濃い紺色はシックで洗練された印象になります。
写真の振袖は「丹後ちりめん」と呼ばれ、生地の表面に凹凸があることで、色の深みをより醸し出しています。

より「大人」を表現したい方におすすめのコーディネートです。

可愛いらしさは花柄で作る

可愛いらしさは花柄で作る

クールでカッコいい印象になりがちな青色ですが、花柄が入ることで可愛いらしい印象になります。

写真のように、赤やオレンジといった反対色の花柄が映えるのも青色の魅力です。

青色の振袖に合う帯&小物

一見、落ち着き過ぎて「冷たい」イメージにもなりがちな青色の振袖ですが、帯など小物を上手く使うことでその表情が変わります。

帯は白や金色がおすすめ

先ほど紹介した3つのコーディネート例は、どれも白色系の帯を使っています。帯に白色を使うことで、メリハリが効き、華やかな印象になります。

また、同じ理由で金色の帯との相性も良いのでおすすめです。

ボリュームのあるショールも合う

ボリュームのあるショールも合う

クールな青色だからこそ、インパクトのあるショールを合わせるのもおすすめです。
派手になり過ぎず、全体のバランスが整うだけでなく、振袖の青をより引き立てる効果があります。

緑色の振袖を選ぶときに知っておきたいこと

続いて、緑色の振袖についても似合う人の特徴からコーディネート例を見ていきましょう。

緑色の振袖が似合う人の特徴

まずは、一般的に緑色が似合うとされている人の特徴(条件)を紹介します。

特徴① 自然体

緑色といえば、森や木など自然のイメージがありますよね。いつも着飾らず、自然体な方との相性が良い色なのです。

また緑色の振袖に限らず、着物を着るときに共通して言えることですが、メイクは派手なものではなく、ナチュラルメイクの方が緑色の振袖とはマッチします。

特徴② さわやか

抽象的な表現ですが、さっぱりとしていて、いつも笑顔を絶やさないようなさわやかな方は緑色の振袖がよく似合います。

冷静でクールな青とは対照的で、明るい印象を際立たせてくれるでしょう。

特徴③ 優しい雰囲気がある

先述しましたが、緑色は穏やかな印象を周囲に与えます。ですので、普段から優しい雰囲気を持っている(そう言われることが多い)方にはピッタリです。

緑は平和を象徴する色でもあるので、包容力のある、大らかなイメージを際立たせることができるでしょう。

緑色の振袖は合わせやすい

一般的に言われる緑色が似合う人の特徴は以上の通りですが、必ずしも上記に該当している必要はありません。緑色は日本人の肌との相性が良く、また様々な色の帯や小物と合わせやすい色として定評があります。

つまり、コーディネートの幅が広く、様々なスタイルを楽しめます。

緑色振袖のおすすめコーディネート集

フレッシュな黄緑

フレッシュな黄緑

パステル系の黄緑色は、フレッシュで華やかな印象を作ります。写真の八重桜や小梅のような花柄が綺麗に映えるのも黄緑色の魅力です。

高級感のある深緑

高級感のある深緑

深みのある緑色は、黄緑色とは対照的に大人の落ち着いたイメージになります。

ノスタルジックな雰囲気の柄との相性が良く、写真のコーディネートは百合の白さが際立つ奥ゆかしいスタイルです。

花柄が際立つ明るい緑色

花柄が際立つ明るい緑色

写真は白地の振袖に緑の葉が映えるコーディネートです。
緑は反対色である赤との相性が非常に良く、女性らしい赤の花柄をさわやかなイメージの緑が引き立てくれます。

明るく可愛いらしいスタイルを目指す方におすすめです。

緑色の振袖に合う帯&小物

緑色は様々な色と相性が良いので、小物を上手に使うことでより素敵なスタイルになります。

帯は白や黒、反対色の赤もおすすめ

緑色の振袖には、白や黒といったモノトーンから金や銀のゴージャスな帯がマッチします。
白や黒は引き締まったスタイル、金や銀は華やかなスタイルを作ってくれます。

また、コーディネート例の紹介で先述しましたが、赤やオレンジといった反対色もおすすめです。

花モチーフとの髪飾りがマッチする

花モチーフとの髪飾りがマッチする

緑色の振袖に花柄が映えるのと同様に、髪飾りも花モチーフとの相性が抜群です。多少大き過ぎるくらい主張が強い髪飾りでも、緑色の振袖ならバランス良く映ります。

思い切ってゴージャスな髪飾りを付けてみるのもおすすめです。

和風館ICHIでは、帯や髪飾りなどの小物を多数販売しているので、気になる方はチェックしてください。

和風館ICHI公式『小物(販売商品)』 

和風館ICHIの振袖は充実のラインナップ

和風館ICHIでは、多数の青色・緑色の振袖をレンタル、販売しております。

レンタルは一律料金

レンタルは25種類の振袖をはじめ、帯と小物も豊富なラインナップから自由に選べます。コーディネートの組み合わせは全部で300通り以上あるので、自分だけのとっておきのスタイルを作ることができます。

レンタルの価格は一律165,000円(税込)です。 ※2021年2月現在
振袖から草履、バッグなどの小物までセットなので、オプションの費用を気にする必要はありません。

セット内容は下記の通りです。

  • ①    振袖
  • ②    袋帯
  • ③    伊達衿
  • ④    帯揚げ
  • ⑤    帯締め
  • ⑥    羽根ショール
  • ⑦    バッグ
  • ⑧    草履
  • ⑨    襦袢
  • ⑩    着付け道具セット

※肌着と髪飾りはご自身でご用意頂きます

レンタルは申込&返却も簡単

お申し込みは店舗や予約会場、オンラインショップで受け付けています。11月上旬に発送するので、前撮りも余裕をもって予定を立てられます。

ご返却はご利用日から1週間以内に返送専用伝票にてご返送ください。クリーニングは不要です。

販売振袖もリーズナブル

和風館ICHIは振袖の販売も行っており、振袖単品で6万円〜、一式購入で20万円~とリーズナブルな価格でご用意しています。

成人式だけでなく、大学の卒業式や結婚式などで着る機会がある方は、購入した方がお得になりますので、ぜひご検討ください

和風館ICHI公式『振袖(販売商品)』 

ご試着は京都または東京の店舗で可能

和風館ICHIの振袖は、京都(烏丸五条)、東京(原宿)の店舗でご試着が可能です。ご予約、お問い合わせは下記のフォームよりお願い致します。

試着予約はこちら
この記事の監修者

ナヴィカス祐木

津田塾大学大学院修士課程修了。大学在籍時に着付けを始め、若干20代で着付け師としてデビュー。毎年成人式や卒業式などの着付けを数多く担当。出産を機に着物ライターとしても活動を開始、現在は着付け師兼着物ライターとして活躍中

今回の一言コメント

「着物の色味は洋服の色味とは全く違います。同じ青系でも顔移りが違ったり、雰囲気が違ったりということが多いです。可能な限り店舗に出向いて、実際に顔移りはどうか、雰囲気はどうかなど試着して決めると良いでしょう。」